アルバイト かんかん橋を渡っての最終回(ラスト)の意外すぎる結末とは!? | まんが完全攻略

かんかん橋を渡っての最終回(ラスト)の意外すぎる結末とは!?

かんかん橋を渡って ネタバレ 最終回

 

まんが完全攻略の管理人のまりおです。

いつも当サイトを訪問頂きありがとうございます。

 

『かんかん橋を渡って』全10巻読み終えましたので、ネタバレありの感想書きます!

>> 序盤のあらすじはこちらです。

 

画付きで本編を試し読みする

>> かんかん橋を渡って <<

※かんかん橋を渡ってと検索してください。

 

感想

川南の出身だからという理由で、姑や義姉から理不尽な嫌がらせを受ける主人公、萌。

なんとかそれに耐え子宝に恵まれますが、夫は事故で脳にダメージを受け、半ば廃人となってしまいました。

 

そして新たに登場する「ご新造様」なる女。

 

彼女はかつてこの地域最大の権力者である市毛家に嫁ぎ、萌と同じく理不尽な責めを受けていました。

ですが逆に姑を打倒し、代わってこの川東地域を牛耳ったのです。

町で生まれた男児を悉く「毛物衆」という組織に引き入れる様は、まるで戦国時代の大名のようです

 

えげつないのは、彼女の息子「竜王丸」の嫁への仕打ち。

 

なんと、「竜王丸」の嫁になった人間は、毛物衆の男達によって輪姦されるのです!

 

ご新造様の登場で、俄然盛り上がっていきます。

萌は自分と同じような境遇の嫁達と結託、自由市を設立。

 

画付きで本編を試し読みする

>> かんかん橋を渡って <<

※かんかん橋を渡ってと検索してください。

 

ご新造様はそれに対抗、毛物衆に子どもたちを根こそぎ拉致させ、傘下の孤児院に監禁してしまいます。

その孤児院の院長をしていたのが例の竜王丸なのですが、彼はちょっと可哀想なことに……。

 

彼を恨んだ元嫁達に襲撃され、集団逆レ○プされます!

竜王丸自体は嫁達への仕打ちについては知りませんでしたから、軽く同情。

 

愛するわが子を奪われた怒りで立ち上がった川東の女達!

市毛家を打ち倒し、川東を平穏な町へ戻しました!

 

ここで活躍するのが、意外にも萌の姑。

お米の水を吸い取って嫌がらせをしていた、あの性悪女が漢気を出します!

 

このシーンはアツいです!

 

さて、決戦の末に敗れご新造様は発狂。

かつての美しさはどこへやら、今際の鬼婆のような姿を曝け出して破滅しました。

いや、もう是非読んで下さい!

 

まんが王国で試し読みが出来る!!

>> かんかん橋を渡ってを試し読みする

※かんかん橋を渡ってと検索して下さい

 

『児童福祉司一貫田逸子』という漫画も面白いです。

虐待されている子ども達を保護する児童福祉司の話。

→ 児童福祉司一貫田逸子のあらすじ

 

残飯を食べさせられる子どもや、タンスの奥に隠される子ども、

現実に起こり得る辛いエピソードがたくさん登場します。

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。

まんが完全攻略では、面白い漫画の感想を述べていきます。

もし気に入っていただけましたら、気軽にRTやいいねをお願いします。

 

これって・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ