アルバイト 王様ゲーム 夜鳴村のネタバレが壮絶すぎたwww | まんが完全攻略

王様ゲーム 夜鳴村のネタバレが壮絶すぎたwww

王様ゲーム 夜鳴村 ネタバレ

 

まんが完全攻略の管理人のまりおです

いつも当サイトを訪問頂きありがとうございます。

 

王様ゲームの感想です。

 

今回は作中に登場する「夜鳴村」について。

ネタバレを含むので、まだ知りたくないという方はご注意を。

その他の王様ゲームの感想(ネタバレ含む)はこちらからどうぞ!

>> 王様ゲーム目次

 

1巻から最終巻までの感想を書いてあります。

こちらもネタバレを含んでいるので注意して下さいね。

 

画つきで本編を試し読みする

>> 無料試し読みはこちら! <<

※王様ゲームと検索して下さい

 

■夜鳴村とはどんなストーリー!?

小説から映画、コミックと大ヒットしている「王様ゲーム」

そのストーリー上で欠かす事ができない王様ゲームの全容を知る大きなポイントとなる場所が「夜鳴村」です。

 

この夜鳴村、金沢伸明が最初に王様ゲームを体験した32年前に初めて王様ゲームが始められた因縁深い伝説の場所なのです。

この第一回目の王様ゲームは1978年に行われました。

 

当時は携帯もなくもちろんメールも無かったため王様からの命令は手紙で届きます。

郵便受けに午前0時に投函される王様からの手紙。

一人、また一人と消えていく村人。

結果として、夜鳴村の大半の村人が死ぬ事となりました。

 

■夜鳴村に訪れた主人公達ストーリーに話を戻すと

画つきで本編を試し読みする

>> 無料試し読みはこちら! <<

※王様ゲームと検索して下さい

主人公の金沢伸明は友人の陽介に教えられこの夜鳴村に向かいます。

もちろん、目的は王様ゲームを止めるための手がかりを得るため。

電車、バスを乗り継ぎ10時間。

 

さらにヒッチハイクをしてようやく夜鳴村に到着。そこはまさに廃墟でした。

それでも、何か手がかりが無いかと探していた伸明はとても重要な手がかりを見つけます。

 

それは、「国際中央医科大学 本多奈津子」というネームプレートのついた白衣と32年前の事件についてのレポート。

これで、いよいよ王様ゲームの謎が解明する…ほど

 

簡単ではありません。

 

この時、伸明はこのレポートを見る事はできませんでした。

なぜ、伸明は見れなかったのか、そして白衣の持ち主である、本多奈津子とは?

 

この辺りは、こちらの記事でぜひ。

>> 王様ゲーム4巻のネタバレ

 

またこの「夜鳴村」は王様ゲームの続編である「終極」にも登場します。

さらにその後の「起源」は、この夜鳴村が舞台。

32年前の事が明らかにされます。

 

第一回の王様ゲームが開催された「夜鳴村」。

一体王様は何者なのか。そして伸明たちは?

 

「王様ゲーム」シリーズについて下記リンクで目次ページに飛べます。

>> 王様ゲーム目次ページ

>> 試し読みはこちらから!

※王様ゲームと検索すると出てきます

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。

まんが完全攻略では、面白いまんがの感想などを随時更新していきます。

もしよろしければ、気軽にSNSボタンでの拡散をお願いします。

これって・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ