アルバイト カノジョは嘘を愛しすぎてるの第6巻感想を無料でネタバレ | まんが完全攻略

カノジョは嘘を愛しすぎてるの第6巻感想を無料でネタバレ

カノジョは嘘を愛しすぎてる 無料 ネタバレ 6巻

まんが完全攻略の管理人のまりおです。

いつも当サイトを訪問頂きありがとうございます。

今回は漫画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の第6巻を無料でネタバレしてみたいと思います。

>> カノジョは嘘を愛しすぎてる第5巻はコチラ!

 

カノジョは嘘を愛しすぎてる第5巻の復習

アキの家でとうとう自分が小笠原心也ではなく、小笠原秋であることを伝えたアキ。

すぐに気づかないリコだったが、帰り際、クリプレの新曲がアキと最初に出会った時、アキが口ずさんでいた曲であると気づいたリコは、とうとう秋がクリプレのアキであることを悟るのだった。

 

カノジョは嘘を愛しすぎてるの第6巻を無料でネタバレ!

アキはリコに茉莉のことが未だ好きなのだ、と勘違いされ凹みます。

へこんだ勢いで瞬と家でどんちゃん騒ぎしたらしく、朝起きると何もかもが散乱状態・・・

事務所の社員がやってきて、何とかこの状態を片付けてくれるとのこと。

 

その間を利用してアキはコンビニに行こうとしますが、顔を上げると何故かリコのお父さんの顔が・・・

どうやらアキは無意識的にリコの家に足を運んでしまった模様です。

あせったアキはとりあえず、初めまして、と挨拶しますが、絶好調二日酔いまっただ中のアキはその場でゲロゲロしてしまうのでした。

 

リコのお父さんはアキを家に寝かせ、おかゆを作ってくれます。

そして、心也とリコが付き合っているのではないか、そうだとすると嬉しい、というお父さんの言葉を聞き、アキはさらに凹みます。

 

と、そこへ配達を終えたリコが家に帰ってきました。

家に上がるとアキの姿があり、リコはびっくり!

アキは誤解を解くために、まずは自分がクリプレのアキであること、そして茉莉とはもう何の関係も未練も無いことを説明しようとしますが、リコはその説明を拒否します。

 

あくまでも自分の質問に答えろ、ってことですね。

しょっぱなの質問はアキの年収から・・・

アキは最初にニートと説明していた手前、申し訳無さそうに莫大な年収を告白します。

 

次の質問はアキの書いた歌詞について。

この歌詞は茉莉との実体験を基に書いているのか、と問いただすリコに対し、アキはフィクションであると回答します。

ようやく満足したのか、リコはニッコリと笑い、コレで質問は終了、と告げるのでした。

 

するとアキはリコに対して突然プロポーズ!

普通なら受けるのか?とおもいきや、リコはその申し出を却下。

なぜならアキの嫁だからデビュー出来た、なんて思われたくないからです。

 

ならばとアキは「リコのプロデュースは僕がやるから」という申し出ますが、コレまた却下。

心也と約束をしたから今更裏切れないってのが理由らしいです。

 

そんなこんなで日が経ち、事務所にやってきたリコ達3人は「MUSH&Co.」というバンド名に決定。

学校でも全体集会でデビューとペプシネックスのCMキャラクターに選ばれたことが発表され、3人はこの展開に驚くばかりです。

そして、さっそく心也から歌詞を書くよう言われたリコは今の自分が人からどのように見られているのか、ということばかり考えながら歌詞を書きましたが、結果は不採用。

 

悔しくてたまらなくなり、ペプシコーラをがぶ飲みしながら帰宅していると、帰宅途中の駅にはアキの姿がありました。

アキと一緒に帰り、アキと接すると、やはり自分はアキのことが好きなんだ、と再認識するリコ。

そして、帰宅したリコは、アキのことを考えながらもう一度歌詞を書き始めたのでした。

>> カノジョは嘘を愛しすぎてる第7巻はコチラ!

>> 無料試し読みはこちら!

※「カノジョは嘘を愛しすぎてる」と検索してください

 

カノジョは嘘を愛しすぎてる第6巻の感想

泥酔してしまっているアキってなんだかとっても可愛いな!と思いました。

別に管理人はホ◯ではないですからね(笑)

リコもリコで元カノとのことが気になるというところが可愛らしく思えます。

管理人は高校生の頃の自分はどうだったかな〜と思いながら妄想して楽しんでいました。

デビュー間近のMUSH&Co.の今後の活動が気になって仕方がありませんね。

>> 無料試し読みはこちら!

※「カノジョは嘘を愛しすぎてる」と検索してください

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。

マンガ完全攻略では、管理人がこれは次が気になる!!と思った質の高い漫画のネタバレについて随時更新していきますので、今後共ぜひともよろしくお願いいたします。

これって・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ