アルバイト 恋は雨上がりのようにの第3巻を無料でネタバレしてみた! | まんが完全攻略

恋は雨上がりのようにの第3巻を無料でネタバレしてみた!

恋は雨上がりのように 無料 ネタバレ 3巻

まんが完全攻略の管理人のまりおです。

いつも当サイトを訪問頂きありがとうございます。

今回は漫画「恋は雨上がりのように」の第3巻を無料でネタバレしてみたいと思います。

>> 恋は雨上がりのように第2巻はコチラ!

 

恋は雨上がりのように第2巻の復習

ファミレスの店長である中年男性の近藤を好きになってしまった女子高生のあきらは、怪我から復帰した後も近藤のことを思い続ける。

しかし、近藤はなぜ自分のことを好きになっているのか全く理解できず、実はバイト店員全員で自分をドッキリに仕掛けているのではないかと思う始末。

そんな近藤に対してグイグイとアプローチを続けることで何とかデートの約束を取り付けたあきらだが・・・

 

恋は雨上がりのように第3巻を無料でネタバレ!

ひょんなことから近藤の子供である勇斗君について行き、近藤の家に来てしまったあきら。

近藤に見つからないように押し入れに隠れていたのですが、その日は猛暑・・・

あまりの暑さに耐え切ることができず、押入れから飛び出し、近藤にバレてしまいます。

 

汗だくのあきらを見て、近藤は勇斗君に麦茶をあきらに差し出すように言います。

勇斗君は言われたとおり、あきらに麦茶を差し出しますが・・・

段差につまづいて麦茶を豪快にこぼしてしまいます。

そしてその麦茶はあきらの服へ・・・

 

びしょ濡れになってしまったので近藤のシャツを借りることになり、近藤はあきらの服をクリーニングへ。

その間、あきらは近藤の匂いがしみついたシャツをクンクンと嗅いでいます。

好きな人の匂いを嗅ぐ姿はかなり心がキュンキュンしますよ!

 

翌日、近藤はいつも虐げられているバイトの店員たちにハムスターを飼いだした事を伝えます。

すると、ハムスター効果で近藤がなんと店の人気者に!!

あきらはその姿を見て、嫉妬していまいます。

 

それから数日が経ち、あきらが学校へのバスを待っていると周囲の小学生達がガチャガチャの話をし始めました。

なんでも好きな人と仲良くなれるキーホルダーがガチャガチャで出てくるそうです。

それを聞いたあきらは近藤のことが頭に浮かび、何度も何度もガチャガチャを回すのでした。

 

その姿を見ていたあきらの幼なじみで高校でも同じ陸上部だったはるかはあきらに声をかけます。

あきらとはるかは親友だったのですが、あきらが退部して以来、なんとなく気まずい間柄に。

バスの中でもこれといった話にはならず、二人は別々の教室へ。

 

またしばらくすると、部活中に買い出しに来ていたはるかは帰りのバスを待つあきらをみかけます。

そんなあきらに向かってはるかはあきらが欲しがっていたキーホルダーとそこにつけた手紙を投げます。

また以前のように仲の良い間柄に戻りたい、そう願ってのことでした。

あきらはそのキーホルダーを握りしめ、今日も近藤のいるファミレスへ。

 

あるとき、近藤とあきらはばったりと図書館で出会います。

そして、そこで近藤が純文学が好きであり、元文学青年であったことを知ります。

すると、「店長って、すごいです。店長って、すごいです」とさらに好き好きアピール。

 

そんなあきらに対して近藤は「君が、俺の何を知っているの」と突き放す一言を。

そして加瀬からも「あんまり店長のこと、追い詰めたら気の毒だよ」と言われ、ショックを受けますが、近藤が夏風邪をひき、店を休んでいることを知ると、いてもたってもいられなくなり、台風の日に近藤の家に介抱のため向かうのでした・・・

>> 無料試し読みはこちら!

※「こいはあめあがりのように」と検索してください

 

恋は雨上がりのようにの第3巻の感想

好きな人の匂いをかいでしまうあたりがもの凄く可愛いな〜と思ってしまう管理人です。

管理人はいろんな漫画を読んでいますが、久々にこのような純粋な恋愛ストーリーを見た気がします(笑)

普段どんな漫画読んでいるんだよ!って突っ込まれそうですが・・・

小学生の話を聞いてがちゃがちゃを買ってしまう当たりもなんて純粋なんだ!って思うほど。

とにかく純粋なあきらが可愛くて今後のストーリーもかなり期待出来そうですね。

気になる方は、下記より本編ご覧下さいませ。

>> 無料試し読みはこちら!

※「こいはあめあがりのように」と検索してください

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。

マンガ完全攻略では、管理人がこれは胸が弾むぜ!と思った質の高い漫画のネタバレについて随時更新していきますので、今後共ぜひともよろしくお願いいたします。

これって・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ